バーチャルオフィスのサービス内容で電話番号提供・レンタル会議室

バーチャルオフィスのデメリット

Posted on 2017.11.21 by admin

バーチャルオフィスでは、バーチャルオフィス運営会社が所有するビルの名前を使わせてもらいます。ただ、使っている会社はあなたの会社だけではありません。電話番号は違いますが、複数の会社が同じ住所を使うことになるので、ネットやマップアプリなどで住所を検索した時に違う会社の名前が上に出てきてしまうこともあります。もしかしたら、バーチャルオフィスだと知られ、マイナスのイメージを与えることになるかもしれません。

また、会社が住所で1つに絞れないということで、法人の口座開設も出来ません。同様に社会保険や雇用保険の申請も難しいでしょう。また得意先によって、バーチャルオフィスの住所の会社とは契約できないというところもあります。

さらに、残念なことにバーチャルオフィスは契約の簡単さや初期投資の少なさからいろいろと悪用されやすいことも事実です。住所を検索し悪い書き込みなどがあれば対象から外しましょう。もし、契約している途中で同じビルを使っている会社が犯罪がらみのことを行った場合どうなるのかも契約する前に確認するとトラブルを未然に防げます。解約の際も、いつまでに連絡する、最低何か月続けるなど細かく契約書に書かれているので契約前に目を通しましょう。